現在、執筆中の小説です。
少しずつでは御座いますが、順次公開していきたいと思います。

 

『表現芸術家ピアニストの生きざま』モデル:ピアニスト 杉谷昭子

昭和18年(1943年)2月25日、和歌山市榎原325、ともに教職員同士の親の元、一人娘として生を得た杉谷昭子。その生い立ちには戦火のすさまじい生きざまが心の奥深く刻まれているという。
1937年、ドイツのポーランド侵略開始、そのことが起因となって始まる第二次世界大戦。
歴史の大きな節目の時に誕生した彼女であった。
躍動する時代、島国で他国からの影響を受けず、むしろ交流を拒んできた日本、幕府の対外封鎖政策、鎖国令。ペルー来航まで二百十数年間続いた交流制限である。しかし、時の流れに逆らうことはできず、1867年、徳川幕府十五代将軍徳川慶喜は大政を奉還。時代は明治に変わり、流れは欧米思想、風俗、制度、文物などが積極的に取り入れられ、旧習の打破を狙う文明開化思潮、富国強兵、殖産産業政策推進。こういった思潮が膨らみ、朝鮮半島への侵略、その支配をめぐって清(中国)との間に起きた日清戦争、ここでも日本は黄海海戦に大勝し旅順、大連、威海街などを占領。このことによって、日本は帝国主義的政策の基盤を得る。勢いづいた日本、というより軍。幸か不幸か、体感による悦楽は一度味わうと重ねてそれを欲したくなるように、大勢は軍の強い影響によって第二次世界大戦突入、そして敗戦に至ることになる。
折りしも、その戦中期のことであった。

昭子の母、静子は寄せては引く陣痛の痛みに耐え、時折大きな深呼吸をしている。部屋が暖かいからなのか、痛みをこらえるせいからなのか、額にはいくつかの汗粒が浮き出ている。かれこれほぼ一日、の長い陣痛、産婆の顔にもいささか不安が過り始めていた。

「お医者様はまだかしら」祖母を横目に彼女は言う。

「ええ、いくらなんでももうそろそろ来られるはずですが……、娘は歳も歳ですし、初産ですから……。そのことも伝えてありますし……。」来られていて当然、という苛立ちとまだ来ぬ不安をにじませ、その返答をするとともに立ち上がり、待ちわびる医者はまだか……、と玄関につながる部屋の方へと出て行く。

玄関先。祖母はその姿がないことを確かめると外に出、つかの間遠く視線を凝らし、気を取り戻すと湯沸しのかまどに薪を足し添え産室に戻ってきた。「まだお医者様は来られそうにありません、娘は大丈夫でしょうか」

痛みに耐えかねうめき声を上げる静子。

祖母は静子の痛みを我が身に置きかえ、彼女の夫、文太夫への不満を独り言のように口にするのだった。「静子のお産を知りながら、なんで文太夫は台湾へなど行ったんでしょう、ほんとに……」

産気の頻度は高まり、静子の陣痛には鬼気迫るうめき声が伴ってきた。

七、八分も経っただろうか……。玄関の方から来訪者の呼び声。

「ごめんください」

男性の声である。

祖母はハッと頭(かしら)を持ち上げ、立ち上がり急いで玄関へと向かった。

「いらっしゃいませ。お医者様でいらっしゃいますよね」

「ええ、そうですが、途中軍隊とはちあわせ、少し遅れてますかね」

「お待ちしておりました。さっ、お上がり下さいませ」

速やかに産室に招き入れる。

彼は状態を把握し、祖母に言う。「難しそうですね……」と。しかし全く動揺する様子はない。むしろ泰然として言うのだった。「引き出さないと無理でしょう……」

投げかけられ産婆は言う。「そうですね、見てるほうが辛くなります。一時も早く産ましてあげたい」……。

二人の会話が済むと医師はすぐさまかばんの中から器具を取り出し、産婆は、たらいのお湯加減やタオルなどを整え万端の準備を終える。

医師の来駕がもう5分も遅れていれば自分と母の命はどうなっていたか、かん子分娩によるきわどい難産であった。

日中戦争の頃からくすぶり始め、真珠湾攻撃によって決定打となった日本国の第二次世界大戦への参戦。

奇襲攻撃による戦勝。その後、連合国軍イギリス東洋艦隊とマレーシア沖での対戦。大きな打撃を与え、イギリス・オランダなどの植民地支配下にあった東南アジアから南太平洋にかけ広大な地域を制圧。日本国民は緒戦の勝利に熱狂する。

しかし、その緒戦の勝利はヨーロッパでの宣戦に連合国軍、特にアメリカが枢軸国であるドイツを封じ込めるため、備えが手薄になっていたことによる。真に国力・軍需力による日本の勝利といえるものではなかった。

1942年(昭和17年)6月、そのことを示す戦いとして日米の海軍機動部隊同士が中部太平洋ミッドウェー島沖で戦い(ミッドウェー海戦)、日本は大敗北を舐む。これを転機にこの年の後半からアメリカの対日反抗作戦が本格化し、戦局は大きく転換し日本は苦戦に突入することになる。

その翌年、国状の逼迫情勢にある中、杉谷昭子女史は産声をあげ、東条内閣は事態の立てなおしに大東亜会議を開く。しかし、東条内閣にとってのその会議の目的は表向き「大東亜共栄圏」の結束、欧米列強の植民地支配からアジアを解放、という美名をかかげながら、その実、戦争遂行のための資材・労働力調達を目指すものであり、会議参加国、タイ・ビルマ・インド・フィリピンなどから反発を得るだけのものになる。

アメリカの反撃は強力で、1944年(昭和19年)7月、マリアナ諸島のサイパン島が陥落し、絶対国防圏の一角が崩壊する。つづいて、8月にはテニアンの戦いによってテニアン島が、グアムの戦によってグアム島が連合国軍に占領された。

このことによって、各島の基地から米軍B29爆撃機が直接日本本土に飛来し、本土空襲は激化する。

東京への無差別爆撃。引き続き川崎、横浜、名古屋、大阪へと広がってゆく。市街地は焼きつくされ、人々は恐怖のどん底に陥る。そしてその爆撃は地方都市へと移ってゆき、和歌山市も昭和20年1月9日の空襲を機に、終戦の前日までに十数回の爆撃を受ける。

昭子生誕の地、榎原も新日鉄住金和歌山製鉄所近隣に位置し、激しい空爆の余波を受ける。

tel

zaiko

rental

logo s

株式会社 松永ピアノ

本社・ショールーム
〒754-0015 山口市小郡大江町3-41-1大江ビル1F
TEL:083-973-1877  FAX:083-973-1890
MAIL: mp@matsunaga-piano.co.jp

宇部工房
〒759-0132 宇部市山中218
TEL:050-5241-0780